新春の銀行2014年

一月の間は どこかかしらお正月気分。

銀行に見えたお客様にも

日常の合間に少しだけ

お正月の余韻を感じていただけるように。